東京都調布つつじケ丘の税理士 | 冨永正見税理士事務所

カテゴリ

節税のチャンスを逃がさない方法

目次
 企業の税額を減少させる対策として「節税」がありますが、節税のチャンスを逃がさない方法となるポイントを紹介します。
控除という言葉に敏感になる
 「控除」とは、支払うべき税額から、一定の金額を差し引くことを言います。 控除が増えると税額が安くなるので、経費などと合わせた節税を行います。 自営業や経営者であれば控除の項目も増えるので、どのようなものが控除になるのか 常にアンテナを張りましょう。

 たとえば、田舎の両親に仕送りしているなら扶養控除、生活の上の資産5万円以上の損失があれば 雑損控除、などが挙げられます。 また、個人事業主なら小規模企業共済等掛金控除の活用、大幅な控除ができる青色申告特別控除もあります。 経費や控除を増やして課税所得の割合が減れば、納税額も大幅に下がります。
法改正の情報に気を付ける
毎年毎年、法改正が行われていますが、意外なものが節税に結びつくこともあります。 たとえば子供の家計を援助する贈与であれば非課税になる「結婚・子育て贈与」や 「住宅取得資金贈与」などが挙げられます。また、サラリーマンとは無縁とおもわれがちの 確定申告ですが、特定支出控除などが見直されています。

これは勤務会社の業務で必要なものを自己負担していた場合、支出の一部を特定控除として 控除することです。対象支出としては交通費・交際費・資格取得費・転居費・研修費などが あげられます。領収書を丁寧に保管し、勤務先の許可が得られれば、確定申告をすることができます。
世界経済に関する情報を収集する
世界経済に関する情報は、法人のみならず個人における節税に役立つことがあります。 個人であれば副業・海外移住・法人であれば住んでいる自治体や政府からの優遇措置・助成金などが挙げられます。

租税回避地としてのタックス・ヘイブン、経済破綻や戦争による国内での影響、国内の規制緩和や貿易協定などによる 政策などには節税のチャンスが潜んでいます。常に情報収集を行って節税を意識しましょう。
東京都調布市で節税の専門家をお探しなら、当冨永正見税理士事務所にご相談ください。 個人から法人まで相続対策に関するアドバイスもご提供致します。 また経営コンサルティングや会計業務のサポートも行っています。