東京都調布つつじケ丘の税理士 | 冨永正見税理士事務所

節税対策

節税対策
節税とは
合法的に税金の負担を軽減する方法をいいます。
節税した税金を拡大再生産に活用し、企業や従業員のために使う。
そのような、社会の発展に寄与してこそ節税と言えます。
脱税とは
税金をごまかすことを言います。
税務調査によって半分が見つかれば、ごまかした利益は殆ど0になります。
良い節税とは
一口に節税と言っても、効果的でない節税をしても、それは無意味になってしまいます。
節税にも「良い節税」と「悪い節税」とがあります。
悪い節税というのは、「会社にお金が残らない節税」のことを指します。
では、良い節税とは、なんなのでしょうか…
節税三原則
  • 第一条 資金不要の節税
  • 第二条 永久的な節税
  • 第三条 効果の高い節税
一般的に「良い節税」というのは、上記の三原則を保持したものを言います。
三原則すべてを満たすのは難しいかもしれませんが、例えば「資金不要」で「永久的な節税」対策としては、 不良資産や不良債権の処理を税法の基準に従って、それぞれ「固定資産除却損」や「貸倒損失」に計上するようなことです。 これは資金が要らず、さらに「永久的に」税金が減るので効果的です。
当事務所にお任せ下さい
調布市にある当事務所では、上記節税三原則を保持した節税を目指して貴社がどのように対策をすればよいかを助言、提起し、より効率的な節税対策を行います。
貴社が行っている節税に不安がある方は、是非お気軽にご相談下さい。
当事務所へのお問い合わせはこちらからどうぞ。
電話番号は、042-443-1750でございます。